革新的なターボミルが日本企業の新市場を創出する。 ミルパウダーテック
  • TM-600
  • 紙リサイクルターンキー研削システム

革新的なターボミルが日本企業の新市場を創出する。 ミルパウダーテック

費用効果が高い。 有益な粉末処理および処理装置

日本の会社、台湾の粉体ターボミル専門家を探す

ミルパウダーテック - 革新的なターボミルが日本企業の新市場創出

ターボミルで処理されたリサイクル紙

ターボミルで処理されたリサイクル用紙

日本では、人々の環境に優しい環境への期待と、リサイクルされた素材を使用して動的な製品を作り出す傾向が一般的です。 紙のリサイクルは最も一般的なリサイクルの1つです。 リサイクル紙を住宅建設資材として使用するために、日本の会社HRDは、フィリピンの工場で高品質の紙粉を製造するために、Mill Powder Tech(MPT)のターボミルを購入しました。

MPTは70年以上の経験を持つ粉砕機メーカーです。 HRDが紙粉サンプルを手渡したとき、MPTはその目的のために特別に設計されたカスタマイズされたターボミルの設計スケッチを彼らに送った。 HRDでは、ポスター用紙、カートン、A4用紙の3種類の用紙を使用しています。 したがって、紙粉の特性は、クッションおよび綿の外観および感触と共に弾性および粘着性であることが要求される。 HRDの要求を満たすために、従来の紙パルプ法を使用する代わりに、MPTは高速渦と振動を発生させるために複数のブレードを使用するターボミルを設計しました。 粉末処理装置ターンキープロジェクトには、ターボミル、ミキサー、ミキサー、分離処理装置などが含まれています。

再生紙

「それはコンセプトだったし、MPTはそれを実現させた」 MPTのセールスマネージャー、Tony Lingは述べています。 MPTは、コストを節約し、最終的に顧客のビジネスに利益をもたらす最も貴重な紙粉を作り出した粉体処理および処理装置のターンキーシステムを設計しました。 「当社のターボミルのおかげで、HRDの紙粉は、耐湿性、難燃性、耐震性を備えた日本の住宅に最適な住宅建材となっています。

MPTのターボミルのために、紙粉は耐湿性、不燃性、耐震性のHRDのベストセラー住宅建材になりました。

紙粉は、化学物質の混合物を使用した後、再生紙でできています。 弾性文字を形成するためには、各粒子のサイズが重要である。 大きすぎると大きすぎると基準を満たせない場合があります。 「われわれのターボミルは高品質の紙粉を製造するだけでなく、高い生産能力も備えています。

日本は、高品質粉体処理装置の提供で有名なハイテク国の一つです。 他の国々が技術を模倣し、追いつこうとしている間に、台湾の熟練した設備建設経験、ターンキープロジェクト実施能力と妥当な価格は、マテリアルハンドリング機械ソリューションを探し求めている。

HRDは、MPTの特別な粉体処理装置に対応して、2年後に別の粉体処理装置と処理装置を調達しました。

HRDは木材の充填を含む建築資材の製造に特化し日本の企業です。 何年もの間、彼らは他の国からの詰め物購入していましたが、高価な価格は彼ら代替策求めました。

MPTは粉砕、乱流切断方法を使用して数百材料を粉砕し、その粉体処理装置は世界70カ国以上で販売されています。

紙のリサイクルハンマーミル、メタルリムーバー、ターボミル、U型スクリューコンベヤー(スクレーパー)、爆発コンセント、サイクロンセパレーター、ロータリーバルブ、レベルスイッチ、冷却水入口、爆発コンセントで構成されています。

紙リサイクルターンキー研削システム紙リサイクルターンキー研削システム青プリント

ペーパーリサイクルターンキー研削システム

金属除去剤
金属除去剤

6000ガウスの磁気分離器は紙のリサイクルに最適です。 それは、再生紙から金属粒子を除去する。 リサイクル紙は金属除去剤を通過してからターボに進入する前にターボミルの損傷を防ぎ、ハンマーミルの後にも装備されています。

フライス、研削

関連商品を探す

お問い合わせ内容を送ってください

Looking for more information? You can fill out the Inquiry Form to tell us your needs or questions, we will respond soon!

inquire now

Ready-eSupport

For LIVE HELP... just click "Live Help Desk", our specialists will be with you in air shortly.

シェア

English | Español | Deutsch | Français | العربية | 日本語 | Русский | Việt | Türkçe | ไทย | Indonesia | 한국어 | हिन्दी | Italiano | Português | Nederlands | česky | Беларуская | Latine | বাঙ্গালী | Close