サイクロンミル

サイクロンフライス盤

ミルパウダーテック - 70年以上にわたる70カ国の粉砕ミル粉砕装置とターンキープロジェクトメーカー

サイクロンミル (CMシリーズ)

今すぐお問い合わせを送信

サイクロンフライス盤/ CMシリーズ
サイクロンフライス盤/ CMシリーズ

チャンバ内の高速回転ブレードの作業原理により、渦を発生させ、衝撃、剪断および破砕力をもたらし、高い研削温度によって材料の特徴が劣化するリスクを回避する。

  • 気流の速度差によって材料を研削することを可能にするCM微粉砕機の設計。
  • 特別なブレード設計により、高効率、低消費電力のクオリティの高速回転子から高速の空気流を生成します。
  • 細かさ:100~2500メッシュ。 (データは参考用であり、原料によって異なる場合があります)

特徴

従来のPulverizerへの最新のブレークスルー、ミクロングレードの研削のための最良の選択。

従来の粉砕機の粉砕方法は、粉末の微細化の目的を達成するために衝突、切断、および摩擦を利用し、典型的には、このような方法は、出す材料を汚染する衝突表面から生成する。 要求される粒子の細かさが高ミクロンである場合、汚染はより悪くなる。 一方、有能なジェット・ミルは、汚染されていない洗練された粉末を提供するが、高いエネルギー消費と非効率なアウトプット性能の問題を提示する。

このように、ミルパウダーテックは、問題のある不純物問題を伴わずに2つの粉砕方法の利点を組み合わせ、サイクロンミルを作りました。

構造と研削原理:
ファンブレードの機械研削、粒子間の気流衝突の影響、サイクロンミルを新しい産業革新にする遠心力グレーディングの3つの研削原理の効果を組み合わせる。

  1. 最初の段階では、一次ブレードは材料のより大きな部分を機械的に押しつぶす。 粉砕された粒子は第2のブレードに向かって移動し、再び粉砕される。
  2. 第2段階では、第1および第2の羽根を粒子体の中で循環させる高速空気流によって運ばれる粗粉。 したがって、ブレードに当たった粒子によって生じる摩擦が大幅に低減されました。大量の空気流吸排気交換によって、粉砕プロセス内の粒子温度も低下しました。
  3. 最後に、二次ブレードにおける回転速度の二乗比に等しい遠心力を利用することにより、空気速度差は空気流の等級付けを形成する。 超微粒子が分離された後、粉体は次にブロアファンからの負圧によって貯蔵ビンに抽出される。

6つの主要な特徴:

  1. 気流のグレーディング能力を可能にするCM粉砕機の設計。 精密な粒度分布。
  2. CMの革新的な機械設計によって、接触面の摩耗や異物混入による金属破片が制限されています。
  3. 粉砕室のオープンリッド設計によりメンテナンスが容易です。
  4. 硬質材料と軟質材料の両方に適用できます。
  5. 研削プロセスは発熱を低減します。 材料は容易に劣化しない。
  6. 高性能の統計情報と最小の運用コスト。
5000RPM速度分布図 5000RPM圧力分布図

仕様

モデル メインモーター
(HP)
メインミル
(RPM)
ブロワモータ
(HP)
粉砕グレード
(メッシュ)
容量
(KG / HR)
重量
(KG)
寸法
(L * W * Hmm)
CM-250S 7 1/2〜10 6500 5〜7 1/2 100〜2500 5〜20 220 900 * 900 * 800
CM-400S 25〜30 5000 10〜15 100〜2500 10〜100 820 1560 * 1400 * 1350
CM-600S 50〜75 3500 30〜40 100〜2500 100〜400 1600 2200 * 1900 * 1600

容量:
材料と設備の特性が異なると、データが変更されます。



連絡してくださいMill Powder Tech今!

フライス、研削

関連商品を探す

お問い合わせ内容を送ってください

Looking for more information? You can fill out the Inquiry Form to tell us your needs or questions, we will respond soon!

inquire now

Ready-eSupport

For LIVE HELP... just click "Live Help Desk", our specialists will be with you in air shortly.

シェア

English | Español | Deutsch | Français | العربية | 日本語 | Русский | Việt | Türkçe | ไทย | Indonesia | 한국어 | हिन्दी | Italiano | Português | Nederlands | česky | Беларуская | Latine | বাঙ্গালী | Close